読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SCRAP & BUILD

すべてのボクのようなロクデナシのために

福島元気飲み会/ PEC福島TRIP① 2013.7.6


7月6,7日の土日に福島に行ってきた。

今回は、「PLAY EARTH CLUB」の仲間とのツアーとして。


俺が24才の頃から、沖縄で自給自足の村づくり、
インド、ジャマイカで学校づくり、
石巻、福島でボランティア活動やらと、
この10年程、色んなことを一緒にやってきてる「高橋歩」。

その高橋歩をはじめとする「地球を遊ぶ仲間たち」が集まった面白いクラブが、
「PLAY EARTH CLUB」通称「PEC(ペック)」。

俺は「またたび」以外に、この「PEC」のManagerとして、運営やら何やらやってるん。



「地球で遊ぶ日本人の俺たちは、福島のことを自分の言葉で語れた方がいいでしょ!」

「TVとかで「福島が」って聞いた時、友達がいれば「あいつのとこが」って思えるでしょ!
これからの福島を考えたら、まずは友達をつくることからはじめるのっていいんじゃない!」

ってことで企画したのが、今回の1泊2日の福島TRIP。




初日は、「福島元気飲み会」と題し、
全国から集まったPECのメンバーをはじめ、
福島在住の友達たち、福島を応援する仲間たちなどなど、
元からの友達やこの日はじめて出逢う人たちも集まった飲み会。

会場は、「福島のソウルフード」と紹介され、
福島に来る度に通ってる老舗の居酒屋「鳥政」

「鳥政」っていうのに、鳥料理じゃなく、
ホルモン焼きと餃子がメイン。

















ホルモンを食べ、瓶ビールを飲み、
続々と集まる皆と乾杯!



ちょっと飲み会に集まったメンツを紹介。


俺たちが福島とがっつり関わるきっかけとなった男「平学」


 
 
 
 
 
 
 
 
 

学さんは、福島駅前でスノーボードスケートボード、サーフィンのショップやイベントをやっている福島の横ノリ系第1人者。

6日・7日は、代々木公園で「earth garden」っていうイベントがあり、
そこに福島ブースで出店もしていたが、この飲み会のために福島に戻り参加。

今は、子どもたちが思いっきりカラダを動かして遊べるよう
室内にスケートボード、クライミング、ダンスなどが出来る
「インドアパーク」の建設に向け奮闘中!




この幸せそうなおじさんは、
福島市大波地区にある成願寺の佐藤俊道住職。通称「としちゃん」

















去年の12月に10日間かけてNPOオンザロードの活動として
「福島元気祭り」と題し、「除染」をした時に知り合った。

いつもユーモアある挨拶には学ぶことがいっぱいある。
再会できて嬉しかったなぁ。



 そして、その除染活動のための資金を国から集めてくれた
福島大学経済学の奥本教授。通称「おっくん」

























地元は大阪やが、福島に赴任して15年。
サーフィンが好きで、色々な活動をしている。

いっつも酔っ払って話が長くなる愛すべき人。


などなど1人ひとり紹介していくとキリがないが、
福島はホント面白い人とたくさん出逢え、
それぞれの繋がりも深く一緒にいて気持ちがいい。


「福島元気祭」の映像を流し、酒も進み、
それぞれ繋がり、いい話もでき、
盛り上がっていい空気に!








 
 
 
福島GIRLたちに、ちゃっかりまたたびの宣伝も!!
 


 
 
 
 
 
 




 集合写真!




























2次会は、震災後にオープンした「Bohemian福島」に。
この店は沖縄からの仲間「けいすけ」が店主。
カウンターだけの小さな店内に溢れる人。



















去年、沖縄ビーチロックビレッジで会った奴らが
日本一周中でBohemianを訪れ、偶然の再会もあった。

どんどん夜もふけ、福島唯一のクラブ「NEO」に流れたり、
なんだかんだ3時過ぎまで飲んで、
 Bohemian福島の2階で皆で雑魚寝。

明日は、6時起きでいわき市まで行き、
漁船にのって原発沖をクルージングや!

(続く)